【剣盾S19使用構築】Swordius Reversal【最終98位(R2000)】

みなさんこんにちは、紛うことなきルセリアです。S19お疲れさまでした。

今期は初の最終2桁を達成したので、構築記事を書こうと思います。

 

【使用構築】

f:id:luceria:20210701104850p:plain

レンタルID:0000 0001 2BPP N2

 

【戦績】

f:id:luceria:20210701120542p:plain

 

【構築経緯】

①最強のエースである珠カミツルギを採用。

②ステロでエースの補助ができるカバルドンを採用。

カバルドンが苦手なレヒレに強く、初手に置きやすい襷エースバーンを採用。

カミツルギが苦手なテッカグヤに強い第2のエースとして嘴サンダーを採用。

⑤エースバーンと一緒に対面選出の駒として強いミミッキュを採用。

⑥サンダーと相性が良く、有利対面が出来たら最強なウオノラゴンを採用。

と、ここまで自分で一から組んだように書いてますが、実は構築が迷走してた時にランクマで当たったFOOLMOONさん(シーズン終了後に彼だと知った)並びがめちゃめちゃ美しかったので、6体全部パクらせていただきました()

ウオノラゴンだけ採用理由が曖昧なままだった…再現できてるかどうか教えて下さい!

 

【個体紹介】

f:id:luceria:20210701155917p:plainカミツルギ@命の珠

特性:ビーストブースト

陽気:134-233(252)-151-x-52(4)-177(252)

リーフブレード/聖なる剣/燕返し/ギガインパクト

 

f:id:luceria:20210701160401p:plainカバルドン@オボンの実

特性:砂起こし

慎重:215(252)-132-135-x-136(252)-68(4)※B個体値25

地震/欠伸/ステルスロック/吹き飛ばし

 

f:id:luceria:20210701160754p:plainエースバーン@気合の襷

特性:リベロ

意地っ張り:155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)

火炎ボール/飛び膝蹴り/ダストシュート/不意打ち

 

f:id:luceria:20210701161136p:plainサンダー@鋭い嘴

特性:静電気

臆病:165-x-106(4)-177(252)-110-167(252)

暴風/ボルトチェンジ/熱風/羽休め

 

f:id:luceria:20210701161525p:plainウオノラゴン@拘り鉢巻

特性:頑丈顎

陽気:165-142(252)-121(4)-x-100-139(252)

エラ嚙み/逆鱗/ギガインパクト/眠る

 

f:id:luceria:20210701161934p:plainミミッキュ@アッキの実

特性:化けの皮

意地っ張り:131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

ゴーストダイブ/じゃれつく/影撃ち/剣の舞

 

【構築概要】

カバルドンのステロ欠伸展開からカミツルギ、サンダーを通す

f:id:luceria:20210701160401p:plainf:id:luceria:20210701155917p:plainorf:id:luceria:20210701161136p:plain

シンプルかつ強力なコンセプト。カミツルギはこれまで敬遠していたが、想像の5那由多倍は強かった。

カバルドンを扱う上でケアしなければならないポケモンが多いため、安易に初手にカバルドンを投げることは少なかった。そこで、いくつかの選出パターンについて解説する。

 

-初手エースバーン

f:id:luceria:20210701160754p:plainf:id:luceria:20210701160401p:plainf:id:luceria:20210701155917p:plainorf:id:luceria:20210701161136p:plain

最も多かった選出パターンがこれ。フィニッシャーはカミツルギになることが多かった。また、FOOLMOONさんと対戦して完敗したときもこの選出をされた。

初手のエースバーンは対面性能、ダイマ誘発性能が非常に高く、このポケモンダイマを切ってきた相手のエースに裏のカバルドンで欠伸を入れる展開を作れればほとんど勝てていた。また、サンダーがよく初手に出てきたので、雑に削ってカミツルギを通しやすくすることが出来る点もよかった。

カバルドンが苦手なカプ・レヒレナットレイなどをまとめて処理できるのも優秀。

一度だけ、エースバーンを残して裏から3タテした試合があった。

ちなみに、今期はずっと襷エースバーンを使っていたが、最終日前日まで使っていた個体が全く技を当てなかったので、一度逃がした上に友達にあげて別の個体を使うことにした。最終日に使ったエースバーンはほとんど外さなかったので正解だった。

 

-初手サンダー

f:id:luceria:20210701161136p:plainf:id:luceria:20210701160401p:plainf:id:luceria:20210701155917p:plain

カバルドンを使う上で、相手の水ウーラオスをできるだけケアしたかった。初手にエースバーンを投げるとスカーフで世界が崩壊し、初手にカバルドンを投げると鉢巻でこれにはたまらずコンシードすることになる。

全くウーラオスを投げられなかったので、切った選出をすることも多かったが、サンダーが動きやすい場合はこの選出をした。

初手サンダーミラーは相手がスカーフの場合以外は上からボルチェン→HDカバ降臨のムーブができ、そこから展開するのが非常に強かった。タラプサンダーも、一度タラプを消費させてステロを入れればこちらのサンダーで勝てる。

ポリヒトデなどの受けループに対してもこの選出をし、吊り交換を駆使するなどで頑張っていたが、ツルギがギルガルドで完全に止まったり、サンダーがHDランドに勝てなかったりで勝率はあまりよくない。

-初手ウオノラゴン

f:id:luceria:20210701161525p:plainf:id:luceria:20210701160401p:plainf:id:luceria:20210701155917p:plainorf:id:luceria:20210701161136p:plain

この選出をするときは、フィニッシャーはサンダーになることが多かった。

最終日、壁ドラパルト展開を使った積み構築に非常に多くマッチングした。大体の相手には初手カバから入っておけばいいが、ブリザポスが入っている場合は初手ブリザポス読みでウオノラゴンを投げていた。ブリザポスと対面したら相手はいつもドラパに引いてきたが、壁を片方しか貼らせないため積みの起点になることが少なかった。

また、ラグラージ入りの構築に対してもこの選出をすることが多かった。カミツルギと違ってエスバに見かけ上有利なので、よくスカーフの顔して鉢巻で突っ込んだ。

余談だが、最終日前日に水ウーラオスでとある強者の友達に同じことをやったら怒られた。

 

ミミッキュはなんとただの一度も選出していない。いい使い方や他にいいポケモンあったら教えてください(>_<)

 

【感想】

S18で全力でポケモンをした反動か、S19はずっとポチべが上がりませんでした。

終盤全然勝てなくてあきらめかけていたとき、同じようにポチべ上がらん~と言っていた友達が、それぞれの目標を立てて走り出す姿を見せつけられました。

最終日1850から追い上げてこの結果を残せたのは、負けられない!と思わせてくれたみんなのおかげです。

本当にありがとう!そして初2桁ガチで嬉しい!!

 

【Special Thanks】

・終盤対戦してくれて、この構築に会わせてくれたFOOLMOONさん。

あの時当たらなければここまでこれませんでした。本当に感謝してます!

・共に戦ったたま友窓のみんな。

目標達成してる人多くてすごい!おめでとう!

・ここまで読んでくれた方。

ありがとうございました!